最新の治療は最新の薬

どんな治療法なの?

画期的と言われたt-PAは、最新の治療法です。
難しい専門用語が出てきて、ちょっと戸惑うかもしれませんが、t-PAとは薬の名前です。
これは血栓を溶かす作用があり、治療にとても有効とされています。
投与後の経過も良好で、完治に近い回復が期待できます。
ただし、この方法も治療する時間に限りがあり、発症後長時間(4時間30分までといわれています)経過してしまっている場合、その効果がないようです。
早くに治療が行える患者さんには、まず使われる治療法です。
点滴で体内に入りますから、継続投与が可能で、手術も不要なため体への負担も少なく済みますね。
この方法で回復が見られない場合、カテーテルを使用した治療に切り替えられます。

注意点はどんなこと?

医学がこれだけ進歩していますから、重い病気というイメージを持つ脳梗塞も、次第に「治せる病気」になっていくかもしれません。
しかし、治療法が改善されていくとしても、私たちが気を付けなければ、結局病気は発症してしまいます。
先ほど少し触れましたが、やはり予防は大切です。
健康を維持するための適度な運動と、塩分や糖分、脂肪過多にならないようなバランスの取れた食事、ストレスなどの精神的な負担などをうまく処理していくことで、そもそも脳梗塞にならない体を作ることが大切です。
何かを制限されて生活するのは不便なことです。
日頃から予防に心がけ、この情報は万が一脳梗塞になってしまった時のための基礎知識として、知っておきましょう。


▲先頭へ戻る